事業定期借地権

住宅などではなく事業用であることを想定しているのが、事業定期借地権です。住居に向いている土地もあれば、事業用に向いている土地もあるでしょう。土地にはさまざまな条件がありますし、性格があるものです。土地だけではなく、周辺の条件にも大きな影響を受けます。ですが、持って移動するわけにもいきません。事業で利用できることを想定して、事業定期借地権は存在しますが、メリットを生かしていける方法ともいえるでしょう。

事業定期借地権事業定期借地権は、存続期間が10年以上50年未満と設定されます。10年以上というのも、事業の継続を考えれば最低限の長さともいえるでしょう。それでも、ほかの2つと比較するとかなり短い期間で契約できるところがポイントになってきます。事業定期借地権といっても、地主側が返還後に住居をたてられるところで、実際に住居を建てて利用することができないというわけではありません。

短期間の設定ができるということで、現在は利用することを考えてはいないが、子供が大きくなったときには家を建ててあげる土地にしたいといったときにも、短い期間設定は有効になるでしょう。事業用の設定となるため、住居として貸すよりも、地代の設定は高くなるというところも、こうした利用用途の性格となってきます。


関連記事

  1. 定期借地権とは
  2. 一般定期借地権
  3. 建物譲与特約付借地権

建物譲与特約付借地権

建物譲与特約付借地権かたちとして考えた時、一般定期借地権に対して特約が付けられた建物譲与特約付借地権があります。一般定期借地権よりも設定は短く30年以上になっているところが大きな違いで、一般定期借地権と同様に期間満了に伴って更地にして返還することが条件です。大きな違いといえるのは、名称にもある建物譲与でしょう。期間満了後にたっている建物を買い取るという条件が付加されています。これによって、権利は消滅するというかたちですが、ようするに更地にするのではなく、地主が買い取ることが前提となっている特約と考えていいでしょう。

更地にするというのは、資金も含めてさまざまな負担を生じることになります。賃貸マンションだったりすれば、住人に転居を求めなければいけません。地主側から考えても、更地にするということは、デメリットになってしまう部分があるでしょう。建物を買い取ることによって、賃貸経営を引き継ぎつつ継続できるようになるのは、収入の確保にもつながっていきます。長期契約を望まないときにも有効な方法ではありますが、建物を買い取ることが特約のため、デメリットであると判断することも少なくありませんが、50年以上となってしまうと建物の劣化が激しくなるでしょう。その点で30年という設定が存在するといえます。


関連記事

  1. 定期借地権とは
  2. 一般定期借地権
  3. 事業定期借地権

一般定期借地権

定期借地権法律のつきものともいえますが、いろいろな種類を想定して分類しています。定期借地権も同様で、3種類存在していますが、その中でも最もポピュラーなところになってくるのが、一般定期借地権です。名前の通りですが、一般的な土地の利用が想定されており、借地権の存続期間が50年以上に設定されるところがポイントです。もちろん、期間満了とともに権利がなくなるわけですが、これは長く使うような予定がない土地に対してメリットが生まれてくるでしょう。分譲マンションといった建物を建てることを想定して不動産デベロッパーに貸し出すとします。便利な方法ではありますが、すぐに権利が切れてしまえば、これは不動産デベロッパーにもメリットがないでしょう。長期設定ができるというところでも、一般定期借地権が有効となってきます

契約満了とともに土地は変換されることになりますが、この場合であれば不動産デベロッパーは更地にして返すということが前提です。土地が将来返ってくるという確約を求められるようになることで、保証されるかたちにもなるでしょう。必ず返ってくるということで、貸し出している建物があるからといったトラブルを防げるようになったといえるのです。


関連記事

  1. 定期借地権とは
  2. 建物譲与特約付借地権
  3. 事業定期借地権

定期借地権とは

不動産に関することは、法律的な知識も必要となってくるため、難解なこともたくさん出てきます。一般的に理解できるようなことも多数ありますが、複雑な解釈となってしまうことも多くなりますが、理解しておくことが自分たちを守るようなことも出てくるでしょう。特に自分が住んでいる場所に関する知識は、持っておいて損はありません。実際にトラブルに巻き込まれたときに、知識がないということが身を守れないことにつながる例はいくらでもあるからです。そのひとつが、定期借地権といえるでしょう。

借地権定期借地権は、なにも古いものではなく、平成4年施行の法律です。借地借家法の中で定められていることであり、計画期間内で借地関係が終わるということを示しています。重要なポイントはいくつもありますが、この期間が終了すると更新もされません。これだけ見るとよくわからないことも出てきますが、一定期間はしっかり貸すことができるようになり、借りるときには負担を下げて借りられるようになるのです。法律だけを見てもわからない部分でしょう。

土地には必ずといっていいほど、トラブルが付きものになってきていました。法律がしっかりと整備されていなかったことが問題でしたが、定期借地権が仕組みとしてはっきりさせたことでかなり減るようになりました。土地の利用方法としてもスムーズな流れになったことで、さまざまなメリットを生み出したのですから、理解しておくことが重要になるでしょう。

●LINK:借地権
└借地権について詳しく解説している不動産会社のサイトです。


関連記事

  1. 一般定期借地権
  2. 建物譲与特約付借地権
  3. 事業定期借地権