定期借地権とは

不動産に関することは、法律的な知識も必要となってくるため、難解なこともたくさん出てきます。一般的に理解できるようなことも多数ありますが、複雑な解釈となってしまうことも多くなりますが、理解しておくことが自分たちを守るようなことも出てくるでしょう。特に自分が住んでいる場所に関する知識は、持っておいて損はありません。実際にトラブルに巻き込まれたときに、知識がないということが身を守れないことにつながる例はいくらでもあるからです。そのひとつが、定期借地権といえるでしょう。

借地権定期借地権は、なにも古いものではなく、平成4年施行の法律です。借地借家法の中で定められていることであり、計画期間内で借地関係が終わるということを示しています。重要なポイントはいくつもありますが、この期間が終了すると更新もされません。これだけ見るとよくわからないことも出てきますが、一定期間はしっかり貸すことができるようになり、借りるときには負担を下げて借りられるようになるのです。法律だけを見てもわからない部分でしょう。

土地には必ずといっていいほど、トラブルが付きものになってきていました。法律がしっかりと整備されていなかったことが問題でしたが、定期借地権が仕組みとしてはっきりさせたことでかなり減るようになりました。土地の利用方法としてもスムーズな流れになったことで、さまざまなメリットを生み出したのですから、理解しておくことが重要になるでしょう。

●LINK:借地権
└借地権について詳しく解説している不動産会社のサイトです。


関連記事

  1. 一般定期借地権
  2. 建物譲与特約付借地権
  3. 事業定期借地権
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket