一般定期借地権

定期借地権法律のつきものともいえますが、いろいろな種類を想定して分類しています。定期借地権も同様で、3種類存在していますが、その中でも最もポピュラーなところになってくるのが、一般定期借地権です。名前の通りですが、一般的な土地の利用が想定されており、借地権の存続期間が50年以上に設定されるところがポイントです。もちろん、期間満了とともに権利がなくなるわけですが、これは長く使うような予定がない土地に対してメリットが生まれてくるでしょう。分譲マンションといった建物を建てることを想定して不動産デベロッパーに貸し出すとします。便利な方法ではありますが、すぐに権利が切れてしまえば、これは不動産デベロッパーにもメリットがないでしょう。長期設定ができるというところでも、一般定期借地権が有効となってきます

契約満了とともに土地は変換されることになりますが、この場合であれば不動産デベロッパーは更地にして返すということが前提です。土地が将来返ってくるという確約を求められるようになることで、保証されるかたちにもなるでしょう。必ず返ってくるということで、貸し出している建物があるからといったトラブルを防げるようになったといえるのです。


関連記事

  1. 定期借地権とは
  2. 建物譲与特約付借地権
  3. 事業定期借地権
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket